複層ガラスの窓

ここでは、福岡市在住の私がペアガラスの効果など、窓回りの省エネについて、お話しします。

福岡市S子、新築する家にペアガラスの効果を期待

「外断熱工法」のページでも愚痴ったように、元旦那の建てた家は、とにかく暑さ寒さが厳しくエアコンなしではいられない家でした。なので、今の旦那様には、とにかく快適に過ごせる家が欲しいとお願いして、外断熱を絶対条件にしたのですが、、、もうひとつ大事なことがあると気がつきました。そうです、窓から入ってくる暑さや寒さです。

そこで、またまた、ネット検索したところ、最新の窓ガラスには高性能なものがあると知りました。それは複層ガラスというもので、ペアガラスとも呼ばれています。

ペアガラスとは、2枚のガラスを重ねて、その間に空気やアルゴンガスを入れたり、真空にしたりして、断熱性能を持たせたものです。ちなみに、ペアガラスというのは商品名なのだそうですが、一般的な呼び方になりつつあるそうです。ソ○ーのウォーク○ンみたいな感じですね。

このペアガラスのスゴイところは、一枚ガラスの窓に比べて、断熱性能が約2倍も違うそうなのです。そのため、冷暖房の効きがよくなり、省エネや光熱費の削減にもつながります。

実はヨーロッパやアメリカなどでは、新築の建物には複層ガラスの使用が義務付けられているのだそうです。日本では、普及率もまだまだ低いようですが、ここのところの熱波や寒波の影響で、注目は高まっているそうです。もちろん、私も、高い関心を抱きました(笑)

また、ペアガラスを使用すると、冬に多くの家庭が悩まされている結露が発生しにくいというメリットもあるそうです。
例えば室内が湿度60%で温度10℃だった場合、一枚ガラスなら外気温0℃で結露してしまうのに対し、ペアガラスではマイナス9℃まで結露が発生しないのだとか。ここにも大きく惹かれました(笑)。

ちなみに、私S子が注目した注文住宅メーカーの窓ガラスは、次の通りでした。

  1. 吉源工務店――ペアガラス標準装備
  2. 健康住宅―――ペアガラス標準装備
  3. 長崎材木店――特になし(おそらく、指定すれば対応してくれる)
  4. マキハウス――三層ガラス標準装備
  5. SAI建築社――ペアガラス標準装備

開口部の省エネについて、もう一つ、ほぉ〜と感心したことがあったので、書いておきますね。
新築一戸建てなら、ペアガラスと組み合わせて、庇(ひさし)を利用する方法があります。
庇を深くすると、夏の直射日光を防ぐことができます。一方、冬は太陽が低いので、庇が深くても、部屋の中まで陽が入り、温かく過ごせます。

こういうことは、自由設計を得意としている注文住宅メーカーならいろいろ提案してくれらしいです。、、、期待しています。