自由設計の進め方

ここでは、自由設計の家を新築する2つの方法について、お話しします。

福岡市S子、自由設計で新築する方法を伝授

このサイトで散々繰り返していますが、私は元旦那が建てた大手メーカーの規格住宅に大いに不満がありました。ですので、今回は、「100%自由設計!」に強いこだわりがあります。

自由設計の魅力はもちろん、外観、間取り、内装などすべてを一から創り上げていくことができるという点です。それこそ、世界にひとつだけの花・・・いえいえ、家を手に入れることができるのが魅力です。もし仮に、後々不満が出てきたとしても、それは自分達が招いたことと納得(?)できるでしょうしね(笑)。

しかーし、世の中の人みんなが、そこまでの強いこだわりを持っている訳ではないようです。
友達にも聞いてみましたが、100%自由設計にこだわっているのは、私くらいでした(苦笑)。

けれども、ある程度は、自分の好みやライフスタイルを反映したいというのが本音のようです。

そこで一戸建て住宅を建ててもらう会社選びの際にチェックしておきたいのが、その注文住宅メーカーが基本プランを用意しているかどうかです。

注文住宅のプランの立て方には、すべてを一から決める100%自由設計と、基本プランをもとに好みや予算などに応じてアレンジを加えていく方法があります。

各メーカーが用意している基本プランは、人気の高い、つまり使いやすいと評判の仕様や間取りなので、そこに、自分の希望を追加するだけで、さほど住宅に詳しくない人でも、安心して自分好みの注文住宅を建てられます。

もうひとつ、スムーズに、合理的に、プランを詰めていけるというメリットもあります。
一戸建てを一から設計士さんと共に設計するのは、なかなか大変です。それが楽しいと思える人(←私はそうです)はいいですが、誰もがこの労力を惜しまないというわけではないでしょう。
その点、ベースプランを基にするやり方であれば、「これとあれを足して、これは要らない」という作業なので、だいぶ負担が少ないですし、もちろん、費用面のやりくりも分かりやすくなります。

このように、新築一戸建てを建てるやり方には、完全な自由設計だけでなく、基本プランをアレンジしていく方法もあることを覚えておいてください。

ちなみに、私S子が注目した注文住宅メーカーの基本プランの有無は、次の通りでした。

  1. 吉源工務店――あり
  2. 健康住宅―――あり
  3. 長崎材木店――なし(?)
  4. マキハウス――あり
  5. SAI建築社――あり

最後にもうひとつ、自由設計の家を建てる注文住宅メーカーの条件として忘れてイケナイのは、一級建築士がいる会社であること。
工務店などの場合は、一級建築士が居ない場合があります。そういうところに頼んでしまうと、テレビの「劇的ビフォー&アフター」に出てくる”ビフォー”のような使いにくい家になってしまうことがあるので、必ずチェックしましょう。

一級建築士がいる注文住宅メーカーは…どーこだ?