健康住宅

ここでは、城南区の注文住宅メーカー「健康住宅」について調べたことを紹介します。

福岡市S子が調査、城南区の注文住宅メーカー「健康住宅」

健康住宅は、1998年設立の注文住宅メーカーで、社長さんのブログによると、2014年5月末で、累計1,000棟の引渡しを達成したという会社です。
会社名がユニークですが、その理由は、設立当初から、外断熱工法にこだわり続けていて、快適で健康な暮らしを支えることがモットーとなっているからなのだそうです。

そんな健康住宅が手掛ける健康住宅の特徴は、3つあります。

外断熱には、耐久性のある次世代高性能断熱材「ネオマフォーム」を使用
窓には、アルミサッシの約1000倍の断熱性があるアルゴンガスを封入した樹脂サッシを使用
スウェーデンで100年以上の実績があるガデリウス社の24時間換気システムも装備しています。

その他にも、家で使用する水道水を一括で浄水するシステムや、抗酸化作用をもたらすSODリキッドを室内に散布するなどの取り組みも行っているそうです。すごい徹底ぶりですね。

そうなってくると、「さぞ、お高いのでは?」と思いきや、建物の間取りや使用部材を規格化してコストダウンを実現した「あんみん工法」という基本プランが用意されています。
参考価格は、延床面積31.81坪で居室用エアコン2台、照明器具、カーテンなどを含み、1580万円です。
もちろん、100%自由設計にも対応しています。

アフターフォローに関しては、引き渡し1週間後、1ヵ月後、3か月後、その後は家が存在する限り毎年定期点検を実施するという、なんとも頼もしい対応をしてくれるそうです。こうした対応も、累計1,000棟を達成できた要素なのでしょうね。

ただ、ちょっと気になったのは、耐震性に関する説明が特に見当たらなかった点。もちろん法律的にはクリアしているのだと思いますが・・・。

デザイン的には、社内に建築士さんを擁していて、施工事例にもさまざまなスタイルが紹介されています。
特に、外断熱という最新技術を標準としていながら、和風の要素を取り入れた家には、さすがだなぁと感じました。

施工事例:東区Y邸

福岡市城南区健康住宅の施工例写真

昔の蔵を思わせるような外観。
けれど、中には畳の和室もあって吹き抜けもある。庭にはテラコッタのテラスまである。
それでいて、ちぐはぐ感がないというのは、センスがいいなぁ~と感じました。

福岡市城南区健康住宅の施工例写真 福岡市城南区健康住宅の施工例写真

健康住宅株式会社のData

  • 本社:福岡市城南区別府5-25-21
  • 展示場:福岡市西区愛宕浜4-21/大野城市南大利1-1-1
  • 設立:1998年
  • 建設業許可:福岡県知事(般-16)92965号
  • 建築士事務所登録番号:福岡県知事第1-12078号
  • 施工エリア:福岡、佐賀(一部を除く)